華やかに見えるイベントガールのあるあるネタを経験から御紹介

実際のイベントガールは会場現場では色々な業務に向き合う

実際のイベントガールは会場現場では色々な業務に向き合う | かなり地味な作業にも、ひたむきに向き合うことが要求されます | スケジュールを組みづらいというのもイベントガールあるある

イベントガールはなやかなコスチュームに身を包んで、多くの人から注目を集める花形のような存在との印象をもっていうる人は多いかも知れません。
会場の参加者一同に向き合って、自分のしゃべりと外見で衆目をひきつけるというのは、確かに普段の日常生活では経験することはほとんどないでしょう。
具体的には結婚式披露宴くらいしか卑近を事例を挙げることは難しいのは確かです。
ところが実際のイベントガールは会場現場では色々な業務に向き合い、マルチタスクをこなしています。
そこでここでは自分の経験も踏まえ、イベントガールのあるあるネタを御紹介したいと思います。
色々な祭事や品評会・展示会などではクライアント企業が自社製品やサービスを参加者に告知し、あらたな商取引きのビジネスチャンスを開拓する場です。
それぞれのブースに出品しているクライアント企業にとっては、手間ひまや費用を掛けて出展したことにメリットとつなげることができないと、結局広告宣伝費の無駄に終わってしまうリスクを抱えています。
クライアント企業にはもちろん担当者が会場現場に足を運んで、参列者に対応しています。

「イベントコンパニオンあるある」

ゆいな様が編集してくれた🥺
すごい🥺
みんな見てね🥺#イベントコンパニオン #イベコン #TikTok pic.twitter.com/hA2T5zXkNJ

— 濱本 咲良🌸🌺10/24 撮影会 (@sakumin0331) March 30, 2021