華やかに見えるイベントガールのあるあるネタを経験から御紹介

スケジュールを組みづらいというのもイベントガールあるある

実際のイベントガールは会場現場では色々な業務に向き合う | かなり地味な作業にも、ひたむきに向き合うことが要求されます | スケジュールを組みづらいというのもイベントガールあるある

まず若い年齢でも募集しているので、他のアルバイトなどでは難しい社会経験をつむことができます。
というのもクライアント企業からは担当者などの一般社員だけではなく、会社幹部などの年上の方も参加していることが多いからです。
自社にとっての今後の主力商品になりうるような新製品では、幹部の方が足を運ぶことも多いので、普通は顔を合わせる機会のないような方とも話をするような経験を錘ことができるのは稀有な体験と言えます。
また待遇が他の接客業や販売業のアルバイトなどに比較して、かなり恵まれているのもあるあるネタの一つです。
同年代のアルバイトなどに比べると日給はよく、差し入れをもらえたり昼食に弁当がついているなど、普通のアルバイトよりはかなり好待遇です。
最近では日本国内だけではなく、世界から多国籍企業や外国企業などがブースを出展して日本国内での販路開拓に利用する事例も増えています。
外国人と接する上では、語学を身につけていれば重宝がられます。
今後の展示ブースのトレンドからすると、英語や中国語などの外国語スキルを持っておくことは、他の人との差別化をつけることにつながります。
ただし普通のアルバイトなどと異なって、オーディションに通過しないことには採用されないわけでスケジュールを組みづらいというのもイベントガールのあるあるです。